FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーン・コレクター

インフルエンザ中に読みました。

ボーン・コレクター〈上〉 (文春文庫)ボーン・コレクター〈上〉 (文春文庫)
(2003/05)
ジェフリー ディーヴァー

商品詳細を見る


いわずと知れた大人気作家・ジェフリー・ディーヴァーの超有名作・『ボーン・コレクター』。

私読んだことなかったんです。映画を先に観てしまったので。でも「海外ミステリ」のコミュの方に聞いたところ、「映画と犯人が違う」とのこと。!!!!!!!
驚きますよね。
でも、映画と本は別物なので、その方が二度楽しめていいかもしれませんね。私の夫なんかは、原作どおりにすべき、という考え方なんですけど。(原作を好きな人が期待して見るんだから、という理由)私は原作に忠実でも、不実でも、どっちでもいいかな、と。面白ければいいんです。

ちょっと脱線してしまいましたが、結局のところ映画の内容をきれいさっぱり忘れていましたので、自分自身でネタバレすることもなく、面白く読むことが出来ました。

大まかな筋は、連続殺人鬼「ボーン・コレクター」を、四肢麻痺で寝たきりの天才犯罪学者リンカーン・ライムと、美しきツンデレ巡査アメリア・サックスが追いつめていく、というものです。
この小説のいいところは、全てが過剰なほど描かれているところでしょうか。
とにかく情報量が膨大です。専門用語の嵐です。分析分析分析、推理推理推理・・・ずーっと続きます。それが面白いんです。今は「クリミナルマインド」とか「CSI」とか、いわゆる科学捜査物ありますけど、これが最初だったのかな?(←発売当初に読んでないのであてずっぽうですが) 科学捜査は本当に面白いですね。
どんでん返しも過剰なほど^^; あの残りページでまさかそうなるとは!とビックリです。終わった・・・と思ったら、「えっ!?あの人そうだったの!?」みたいな。。。Second Seasonに続く、みたいな。。。

ジェットコースター小説なので、飽きずに読めます。読みながら推理したり、犯人当てしたい人には、ぴったりの本なんじゃないでしょうか。でも、これを全部当てるのは無理じゃないかなぁ。私には無理でした。挑戦したい人は是非読んでみてください!(超有名だから皆もう読んじゃってるかな)

bone-collector.jpg

↑このポスター犯人が映ってるのは気のせいでしょうか?

それにしても、リンカーン・ライムとアメリア・サックスはいいキャラクターですね。シリーズ化されるのも分かります。ライムのわがままなところがいいなぁ。そのくせアメリアが来るからきれいな服に着替えたり・・・中学生みたいでかわいいですよ。アメリアちゃんのツンデレセクシーなところはたまらないですね。
続きも読んでみたいです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ayah

Author:ayah
二人の子供がいるママです。が、ちょっぴり(?)ヲタクです。
こっそりライターっぽいこともやってます。
リンクはフリーですが、相互リンクなどしていただけると嬉しいです。ブロとも募集中です。

sidetitleayahの本棚sidetitle
sidetitleブクレポsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleブログランキングsidetitle
ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです!
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。