FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界は密室でできている。

今、パパと子供たちが『ウルトラマン3 ファイティングエボリューション』に興じているので、こっそりブログ更新します。

最近読んだ本の紹介です。

世界は密室でできている。 (講談社文庫)世界は密室でできている。 (講談社文庫)
(2005/04/15)
舞城 王太郎

商品詳細を見る


舞城王太郎さんの本は、何年か前にかなりはまっていて、色々読んで、とても大好きだったのですが、『暗闇の中で子供』を読んだときに、???となってしまい、それからなんとなく避けるようになっていました。
(これは単に私の意見ですが)ミステリーの体裁で物語を始めたなら、やっぱりラストは「犯人は○○だ!」と明記すべきだと思うのです。『暗闇の中で子供』の、ああいう世界観、あれはあれでアリだとは思いますが、きちんと解決されると思って読んでいた私は、少々裏切られたように感じてしまったのでした。まぁ、私の読解力が足りないだけかもしれませんが。。。

ところで肝心の『世界は密室でできている。』ですが、これは大変面白かったです。独特の流れるような語り口、思わず吹き出してしまうギャグ(?)、立て続けに起こる密室殺人、変てこで奇抜なキャラクター、そしてラストに訪れるカタルシス……。久しぶりに舞城さんの本に触れて、やっぱり好きだなぁとしみじみ感じました。
舞城さんの小説は、過激だったり残酷だったりする部分もあるのですが、一本筋の通った、純粋な愛(←うわ。。。こう書くとさむいですね)を求めている部分もあり、そこがすごく好きです。純粋なものがないと、残酷さも際立ちませんよね。この本の中では名探偵ルンババ君がよいです。古今東西、やっぱり名探偵はかっこいいですよね!


今回は舞城さんのよさを再確認できて、とてもよかったです。
敬遠してたほかの本も、読んでみようと思います。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ayah

Author:ayah
二人の子供がいるママです。が、ちょっぴり(?)ヲタクです。
こっそりライターっぽいこともやってます。
リンクはフリーですが、相互リンクなどしていただけると嬉しいです。ブロとも募集中です。

sidetitleayahの本棚sidetitle
sidetitleブクレポsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleブログランキングsidetitle
ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです!
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。