スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外ミステリ 「犯罪」など

今日は、紹介できていなかった海外ミステリ?をまとめて紹介しようと思います。


まずはジム・トンプスンの「おれの中の殺し屋」。


おれの中の殺し屋 (扶桑社ミステリー)おれの中の殺し屋 (扶桑社ミステリー)
(2005/05)
ジム・トンプスン、三川 基好 他

商品詳細を見る


これはよかったですねぇ。(厳密にはミステリーじゃないかもです)
最初は「ポップ1280」の方がいいかなぁなんて思ってましたけど、こっちのほうが好きかもしれないです。
タイトル通り、自分の中に殺し屋を抱える保安官、ルー・フォードの狂気の物語。
「ポップ1280」と同様に、一人称で語られるにもかかわらず、中々主人公がどういう人間なのか分からない。ですがこちらのルーは、一言で「異常者」とか、「殺人鬼」とか言い切れない部分があり、そのあたりが読みどころだと思いました。
ルーと婚約者のエイミーとのやり取りなどは、かなり胸キュンで秀逸でした。病院のシーンは胸を突かれました。ああいうのを描く作家さんじゃないと思っていたので、かなり驚きました。

映画化された「キラー・インサイド・ミー」はそんなにいいと思わなかったんですけど、小説はすごくよかったです。
ただ、主人公が連続殺人犯なので・・・そういう描写に耐えられる方には強くおすすめいたします。^^;



パニック・パーティ (ヴィンテージ・ミステリ)パニック・パーティ (ヴィンテージ・ミステリ)
(2010/10/18)
アントニイ・バークリー

商品詳細を見る


有名なアントニイ・バークリーさんの「パニックパーティー」。
(これもあんまりミステリーじゃないですが・・・)
無人島に集められた人々が、救いのない中、精神的に追い詰められていく様を描いています。
最初はコメディタッチなのかな、と思いながら読んでいたのですが・・・徐々に人々は恐ろしい本性?をあらわにしていきます。。。
最後は結構シリアスタッチで、「えぇ・・・?」と戸惑ってしまいました。
軽い感じで読めて、結構面白いのですが、変な小説ですね。意地悪小説とでも言うか。。。
残酷描写などはないので、女性でも安心して読めそうです。



ロード・キル (扶桑社ミステリー)ロード・キル (扶桑社ミステリー)
(1996/06)
ジャック ケッチャム

商品詳細を見る


ジャック・ケッチャムの本にしては(と言ってもオフシーズンしか読んでないです)まとも?な印象を持ちました「ロード・キル」。
いや、これも殺人鬼なんですけどね。。。
殺人鬼が車を走らせながらどんどん人を殺していきます。
でも起承転結ちゃんとあるタイプのストーリーで、ハリウッド映画的な展開は分かりやすく、面白かったです。
お得意の?残酷描写も控えめで、スラスラ読める小説に仕上がっていました。
映画的なスリラー小説が読みたい方にはいいんじゃないでしょうか。



鎮魂歌は歌わない (文春文庫)鎮魂歌は歌わない (文春文庫)
(2008/07/10)
ロノ ウェイウェイオール

商品詳細を見る


ロノ・ウェイウェイオールの「鎮魂歌は歌わない」。
娘を殺されたチンピラ・ワイリーが、親友のレオンと犯人を追う話です。
アメリカ裏社会を舞台に、過激なシーン連続の、これも映画チックな物語。(B級アクションという感じでしょうか)
・・・いやこれ、つまらなくはないのですが・・・。
ここまでダメな主人公も珍しいですよ、マジで。そして親友のレオンが最強すぎ(笑)
主人公何もしてないし。レオンに全部やってもらってるし。><
そのくせジャンルはハードボイルドなので、文体は物凄く気取ってて、かっこつけすぎ(苦笑)
女はみんな主人公に優しいし。。。何で???島耕作レベルのダメっぷり!!!!

まぁ・・・この本は女性がターゲットじゃないと思うので、これでいいんでしょう。
ノワール小説としては、いいと思いますし。
ちょっとオシャレなハードボイルドが読みたい方にはおすすめできる一冊だと思います。



私が見たと蝿は言う (クラシック・セレクション) (ハヤカワ・ミステリ文庫)私が見たと蝿は言う (クラシック・セレクション) (ハヤカワ・ミステリ文庫)
(2004/04/23)
エリザベス・フェラーズ

商品詳細を見る


エリザベス・フェラーズの「私が見たと蝿は言う」。
アパートの一室で起きた殺人事件を、住人である女性が解き明かしていくストーリーです。
アパートの住人同士の人間関係や、主人公の恋愛模様などに重点を置いた、女性らしい丁寧なミステリーで好印象でした。
登場人物の性格が皆変で、そこが読みどころのようです。
私は結構好きでした。女性におすすめの本です。



犯罪犯罪
(2011/06/11)
フェルディナント・フォン・シーラッハ

商品詳細を見る


本業は弁護士というフェルディナント・フォン・シーラッハの「犯罪」。
このミステリーがすごい!などで評判になった短編集です。
弁護士という職業柄、実際の事件から着想を得て、書いた小説らしいです。
どれも短い話なのですが、色々な人の人生が凝縮されていて面白いです。
読後は、人間の心って不思議だなぁ・・・と思ってしまいました。
ミステリーと言うよりも、「妻を帽子とまちがえた男」のような読後感でした。
評判に違わず面白い本なので、興味のある方は読んでみるのも一興かもしれません。


それでは、今日はこのへんで失礼致します。。。m(__)m

スポンサーサイト

日本の小説 「戦国無常 首獲り」など

今日はお休みしていた間に読んだ小説などをご紹介していきたいと思います。

まずは、伊東潤さんの「戦国無常 首獲り」。


戦国無常 首獲り (講談社文庫)戦国無常 首獲り (講談社文庫)
(2011/06/15)
伊東 潤

商品詳細を見る


時代は戦国、舞台は戦場、北条氏の下級武士たちを主人公にした短編集です。
時代劇なのですが、オチやどんでん返しが必ずあって、ミステリーっぽい読み方も出来る面白い本でした。
タイトルで大体こうなるんだろうな、っていう流れは分かるのですが、分かるからこそ、「もうやめて~!!」と言いたくなる展開ばかりで、ハラハラしながら読みました。
特に「雑兵首」が面白かったです。

この本は、お友達のmiyuさんに教えていただきました。
ありがとうございました。m(__)m



民宿雪国民宿雪国
(2010/12/01)
樋口毅宏

商品詳細を見る


図書館で借りました。「民宿雪国」。
「このミステリーがすごい!」で紹介されていて、気になっていたのですが、エンタメとして中々面白い本でした。
民宿を経営する、人格者と呼ばれる老人の過去が明かされる話です。
まぁ・・・想像通りのストーリーなんですが、読みやすくてよかったです。ハチャメチャ系過激作品。
リアリティーが・・・とかは言わないで読んだほうがいいですね。^^;



人間の幸福 (幻冬舎文庫)人間の幸福 (幻冬舎文庫)
(1998/04)
宮本 輝

商品詳細を見る


宮本輝さんは好きで結構読んでいるのですが、これはミステリー仕立ての小説で、宮本さんにしては変わった作風の本です。「人間の幸福」。
ですが、謎解きよりも被害者や主人公をめぐる人間関係に重点を置いているところは、やはり宮本輝さんです。
殺人事件が起こったことによって、主人公をめぐる人物たちの様々な問題が浮かび上がってきます。
読ませます。ミステリー風ですが、純文学でしょうね。
今作の主人公は、宮本さんの書く主人公にしては乱暴で、それがビックリでした。



海と毒薬 (新潮文庫)海と毒薬 (新潮文庫)
(1960/07/15)
遠藤 周作

商品詳細を見る


これは大変面白かったです、かの有名な「海と毒薬」。
戦時中にアメリカ兵を使って人体実験してしまう医師たちの話。
人間の身勝手さ、醜さが、これでもか!と描かれます。これはすごい。
なんで今まで読まなかったんだろう。実は遠藤周作さんの本は、これが初めてです。
これから遠藤周作さんの本もどしどし読んでいきたいです。



青の時代 (新潮文庫)青の時代 (新潮文庫)
(1971/07)
三島 由紀夫

商品詳細を見る


大、大、大好きな三島由紀夫の本、「青の時代」。
これは三島由紀夫にしてはつまらないほうかなぁという感じでした。普通にはいいと思いますが。
光クラブ事件を下敷きにした小説です。三島本人もあんまり気に入ってなかったと解説で読みました。客観的に書きすぎて、掘り下げが足りなかったんですかね。(←また偉そう・・・)



開幕ベルは華やかに (1982年)開幕ベルは華やかに (1982年)
(1982/03)
有吉 佐和子

商品詳細を見る


有吉佐和子さんの「開幕ベルは華やかに」。
これはよかったです。ミステリー仕立ての純文学。女優の華やかな生涯と、その影で犠牲になった人たちの物語。「民宿雪国」なんかと比べると、やっぱり深いというか、人物描写が丁寧で読ませます。それなのに、飽きさせない面白さでした。


それでは今日はこのへんで。。。またぼちぼち更新していきたいと思います。^^

「怖い絵」など、西洋絵画

お久しぶりです!!m(__)m

今回の仕事はかなりきつかったです。。。精神的にもかなりがっくり来ました。
5/20に終わる予定が、結局5末まで伸びてしまい、その後も体調を崩したりして、中々ブログ再開することができませんでした。
ですが、とりあえず一段落ついたので、またブログ始めたいと思います!^^
よろしくお願いします。。。


今日は最近ハマっている中野京子さんの本について書きたいと思います。


怖い絵怖い絵
(2007/07/18)
中野 京子

商品詳細を見る


面白かったです、「怖い絵」。
美術をあんまり知らない人向け(私みたいな)の、入門書的な本で、とっても分かりやすいです。
画家の人生や、モデルになった歴史上の人物などの、西洋の歴史もちょっぴり学べて、お得な本です。

ゴヤの「我が子を食らうサトゥルヌス」とか、知らなかったので衝撃でした。
(※ショッキング画像なので続きにのせます^^;)

他に、「怖い絵 泣く女編」と。。。
(これだけなぜか文庫で出ているのですが、単行本の「怖い絵2」に、加筆したものらしいです。)


怖い絵 泣く女篇 (角川文庫)怖い絵 泣く女篇 (角川文庫)
(2011/07/23)
中野 京子

商品詳細を見る


「怖い絵3」も読みました。


怖い絵3怖い絵3
(2009/05/28)
中野 京子

商品詳細を見る


絵画ってとってもいいですね!!
この本を読んで、レンブラントやルーベンスに興味が出てきました。もうすぐ東京都美術館で「マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝」というのをやるそうなので、見に行きたいな~と思っています。^^
人気のフェルメールがメインのようです。

絵画つながり・・・というわけではないのですが、「天才画家ダリ 愛と激情の青春」という映画を、WOWOWで見ました。

little-ashes-screenshot.jpg

「トワイライト」のロバート・パティンソンが、ダリの役です。
まぁ・・・ロバパティがダリに見えるかどうかはともかく。。。中々いいホモセクシャル映画だったと思います。
画家ダリと詩人ロルカの青春物語です。最後は悲しかった。
ロバパティのファンの方や(白塗りのトワイライトより、こっちのほうが断然美少年風)、芸術家の人生に興味がある人にはおすすめできそうな映画でした。


では。。。「我が子を食らうサトゥルヌス」に興味のある方は、続きからどうぞ。。。閲覧注意です。

続きを読む

本の話 カメラ・オブスクーラなど

また読んだ本について書きたいと思います。


カメラ・オブスクーラ (光文社古典新訳文庫 Aナ 1-1)カメラ・オブスクーラ (光文社古典新訳文庫 Aナ 1-1)
(2011/09/13)
ナボコフ

商品詳細を見る


「カメラ・オブスクーラ」。あの「ロリータ」のナボコフの初期の作品です。新訳ということで、とても読みやすかったです。
私は「ロリータ」という小説がものすごく好きなのです(美少女好きにはたまらない本です!)が、これも中々面白かったです。勿論ジャンルは「美少女」です。
ナボコフの描くキャラクターはかなり個性的で、笑えるシーンが多いのが特徴ですが、この小説でも、ナボコフのギャグセンスは十分に発揮されています。
ただ、ロリータに比べると、こっちのヒロイン・マグダは、かなり性格が悪いです。^^;
主人公はとことんひどい目に合わされて、それがほとんど昼メロの世界です。そこが面白い。
谷崎潤一郎的な悪女ヒロインを楽しみたい方には、とってもオススメの「カメラ・オブスクーラ」。
私的には、もうちょっと胸キュンがあるともっと良かったかなぁという印象でした。
(やっぱりロリータには敵わないかな、と)



連続殺人鬼 カエル男 (宝島社文庫)連続殺人鬼 カエル男 (宝島社文庫)
(2011/02/04)
中山 七里

商品詳細を見る


「連続殺人鬼カエル男」。
連続殺人鬼っていう言葉に、ものすごく弱い私。。。(←怖いよ)
シリアルキラーものはやっぱり要チェックということで、以前から注目していた本でした。
連続殺人鬼、というだけあって、ちょっと描写はグロです。そこは高評価。
終盤のドンデン返しなんかも、中々サービス精神があってよかったです。
中盤の一般市民が警察で暴動を起こすシーンは、ちょっとなぁという感じでしたが。。。舞台が日本じゃ、全くリアリティが無いですよ。。。なんというか、悪い意味で厨二と思ってしまいました。
カバーイラストほどのインパクトが、小説自体にはなかったのが残念でした。(このカバーは結構人目を引きますよね!)



パイは小さな秘密を運ぶ (創元推理文庫)パイは小さな秘密を運ぶ (創元推理文庫)
(2009/11/20)
アラン・ブラッドリー

商品詳細を見る


これはよかったです。「パイは小さな秘密を運ぶ」。
化学大好きのおてんば娘・フレーヴィアが、殺人の容疑をかけられた父を助けようと、東奔西走する物語です。
一応体裁はミステリーですが、児童小説っぽいですね。主人公の11歳の少女・フレーヴィアが、個性的で本当に素晴らしいキャラ。
瑞々しい少女の一人称で語られるのですが・・・作者は男性、しかも70代のデビュー作です。一体このアラン・ブラッドリーさんの頭の中はどうなっているのでしょうか?
シリーズ化されているので、続きも楽しみな作品でした。^^



生首に聞いてみろ (角川文庫 の 6-2)生首に聞いてみろ (角川文庫 の 6-2)
(2007/10)
法月 綸太郎

商品詳細を見る


これはちょっと退屈に感じてしまいました。「生首に聞いてみろ」。
ミステリガイド本「このミステリーがすごい」で、一位になった作品だったので、ずーっと読みたかったのですが。。。
殺人が起こるまでが・・・長い・・・。長すぎる・・・。作者の法月さん的にはそこも狙いだったようなのですが、正直・・・退屈だった・・・。
本格物は好きなのですが、これはちょっとダメでした。



鬼に喰われた女 今昔千年物語 (集英社文庫)鬼に喰われた女 今昔千年物語 (集英社文庫)
(2009/11/20)
坂東 眞砂子

商品詳細を見る


「鬼に喰われた女」。平安時代を舞台にした妖鬼時代小説です。
これは結構面白かったです。平安時代って、結構もののけの時代なんですよね。
おどろおどろしくも、官能的・・・そんな妖しい世界を、たっぷり堪能できる短篇集でした。


それでは今日はこのへんで。。。また少しずつ更新していきたいと思います。

本の話 ジョーカー・ゲームなど

こんにちは!
今日は雪がすごいですね。

ブログを更新しないうちに、いつしかアカデミー賞発表も終わってしまいました。。。今回はあんまり注目の俳優さんもいなかったので、スルーしてしまいました。><
アンジェリーナ・ジョリーちゃんの生足は話題になってましたね。

今日は今年になって読んだ本で印象に残ったものを、少しずつ紹介してみようと思います。
感想を書かないまま、結構溜まってしまいました。



貴族探偵貴族探偵
(2010/05/26)
麻耶 雄嵩

商品詳細を見る


これは面白かったです。「貴族探偵」。短編集です。
探偵と名乗るくせに全く推理をしない貴族が主人公。推理はすべて優秀な使用人に任せきりで、自分は偉そぶっているだけという。
短編なのであっさり読めてよかったです。本格ものですね。



悪魔はすぐそこに (創元推理文庫)悪魔はすぐそこに (創元推理文庫)
(2007/09/22)
D.M. ディヴァイン

商品詳細を見る


これも面白かったです。「悪魔はすぐそこに」。アガサ・クリスティー風の正統派イギリスミステリーです。
大学を舞台にした殺人事件とスキャンダルの謎を解きます。ちょこっと恋愛ものでもあります。
大抵の推理小説は謎以外の日常的な描写などはつまらなかったりするものですが、この人のはキャラクターなどがはっきりしていて飽きずに読めました。



ジョーカー・ゲームジョーカー・ゲーム
(2008/08/29)
柳 広司

商品詳細を見る


これもよかった「ジョーカー・ゲーム」。
柳広司さんという作家さんは、中々面白い本を書く人ですね。(←偉そう)
第二次世界大戦を舞台に、暗躍する日本のスパイを描いた作品です。
陸軍中野学校をモデルにしているそうですが、全くのエンタメ作品です。漫画っぽい世界観。非情なスパイがかっこいい! (スパイたちのボス・結城中佐が特にいいキャラです)
とっても読みやすいので、読書が苦手な方にもいいんじゃないかな~と思います。



骸の爪 (幻冬舎文庫)骸の爪 (幻冬舎文庫)
(2009/09)
道尾 秀介

商品詳細を見る


これはまぁまぁでした。「骸の爪」。本格ミステリーです。
謎とかストーリーはまぁ普通なんですけど、ものすごくたくさん撒いた伏線を丁寧に拾っていく展開は好印象でした。あとホラー作家の道尾(笑)と真備のコンビがいかにも良い人!って感じでいいですね。二人のやり取りがギャグとまでは行かないんですが、ぬるい感じで結構好きでした。



音楽の在りて音楽の在りて
(2011/04/23)
萩尾 望都

商品詳細を見る


大好きな漫画家萩尾望都さんの小説集です。短編と中編と漫画が一本入っています。
この本に収められている小説のほとんどがSFです。こういうのを読むとやっぱりSFいいなって思います。
特にモー様のは神話っぽくていいです。
それにしても、これが20代の頃の小説だというから驚きです。何でしょうこの才能は。天才と言うしかないですね。



ビラヴド (集英社文庫)ビラヴド (集英社文庫)
(1998/12/15)
トニ モリスン

商品詳細を見る


これは感動的な本です。「ビラヴド」。
アメリカ南部で、奴隷として生きてきた黒人女性の物語。
この時代の黒人女性が生きていくことの難しさ、自由とは?愛とは?など色々な問題を提起してくる小説です。
ですが決して暗く陰鬱なだけの作品では無いです。
ノーベル賞作家だけあって、文体が独特でかなりファンタジックでした。


他にも沢山読み終わった本が溜まっていますので、また少しずつ更新していきたいな~と思っています。^^

sidetitleプロフィールsidetitle

ayah

Author:ayah
二人の子供がいるママです。が、ちょっぴり(?)ヲタクです。
こっそりライターっぽいこともやってます。
リンクはフリーですが、相互リンクなどしていただけると嬉しいです。ブロとも募集中です。

sidetitleayahの本棚sidetitle
sidetitleブクレポsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleブログランキングsidetitle
ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです!
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。